ブックマークはこちら このサイトをお気に入りに登録 このサイトをお気に入りに登録 このサイトをYahoo!ブックマークに登録 このサイトをはてなブックマークに登録 このサイトをlivedoorクリップに登録

コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズの選び方
自分にあうコンタクトレンズ選びは大変ですがとても重要なこと。
装着感で選ぶ人もいれば、値段やケアの仕方、さらにはファッション性まで考慮している人もいます。
ここではコンタクトレンズの種類ごとに、選び方とポイントについて説明します。

ハードコンタクトレンズ

素材に水分をほとんど含まない、固いプラスチック製のレンズです。
素材の分子レベルのすき間から角膜に酸素を通す(O2系)構造になっていて、
長時間の使用に適しています。

黒目の部分にのせる感じで装用します。
固い素材を使用しており、慣れるまでは異物感を訴える人も多くいます。
ハードコンタクトレンズ
ハードコンタクトレンズの種類例
スタンダードレンズ・・・一般的なタイプのレンズ
高酸素酸素透過性レンズ・・・従来のものに比べ酸素をよく通す
超高酸素酸素透過性レンズ・・・最長1週間までの連続装用が可能
長所
光学的に優れ良好な視力が得られる。
乱視や強度の屈折異常の矯正に高い効果を発揮。
慣れれば取り扱いが簡便。
短所
慣れるのに時間がかかる(個人差あり)。
激しいスポーツには不向き(ラグビーやバスケなどボディコンタクトのあるもの)。
レンズが小さいため、ズレて落下する可能性がある。

ソフトコンタクトレンズ

水分を含むとやわらかくなる素材で作られています。
角膜全体を優しく覆うため、スポーツ時などでもズレたり外れたりしにくいという
特長があります。
最近は、酸素透過性に優れた新素材で作られたレンズが登場し、
次世代のソフトコンタクトレンズとして注目されています。
ソフトコンタクトレンズ
コンタクトレンズには「ハード」と「ソフト」があって、それぞれでケアの方法が違います。
ソフトコンタクトレンズの種類例
スタンダードレンズ・・・一般的なタイプのレンズ
薄型レンズ・・・レンズを薄くして、装用感を向上したタイプ
高含水レンズ・・・レンズが含む水分量が従来より多く、装用感が良い
長所
柔らかい素材のため初めてでも異物感が少なく慣れやすい。レンズが大きいのでズレにくく、激しいスポーツに適している。
短所
比較的破損、変形しやすく、レンズの寿命が短い(1〜1年半くらい)。
手入れがやや面倒。目の異常を自覚しにくく、重症な眼疾患を生じる場合がある。
使い捨てコンタクトレンズ
ソフトコンタクトレンズの一種ですが、長期間使用するのではなく、
一定の期間使用したら捨てて、新しいレンズに交換していくタイプです。
「1日使い捨て」や「2週間交換」など期間で5タイプに分けられます。

短期間でレンズを新しくするため、常に清潔感を保つことができます。
使い捨てコンタクトレンズ
長所
度数の変化への対応がしやすい。 レンズケアが不要(1日タイプの場合)。
使用期間が短いためレンズに汚れが貯まりにくいので目に優しい。
短所
乱視用もあるが乱視は矯正しにくい。
年間にかかるコストが一般のレンズに比べ高い。
レンズ形状に制限がある。
特殊なコンタクトレンズ
紹介してきた3種類のコンタクトレンズの他にも、
用途に応じた特殊なコンタクトレンズがあるので、それらをご紹介します。

カラーソフトコンタクトレンズ
レンズに色が入っていて、ファッションにあわせたりできます。
メーカーによって自然なものから奇抜なものまで種類も豊富です。
1年装用、1週間装用、1日装用などのタイプあります。
種類によっては度が入っていないので、購入の際にはしっかりと確認しましょう。
特殊なコンタクトレンズ
コンタクトレンズCM情報
洗浄液ランキング
コンタクトの歴史
コンタクトの買い方
コンタクトの処方箋
コンタクト定期検査
コンタクトの洗浄液
コンタクトの選び方
コンタクトCM情報
目薬について
視力低下のメカニズム
視力回復マニア
白内障
緑内障
結膜炎
老眼用コンタクト
コンタクトメーカー紹介
視覚業界リンク集
コンタクトQ&A
用語集 用語集