ブックマークはこちら このサイトをお気に入りに登録 このサイトをお気に入りに登録 このサイトをYahoo!ブックマークに登録 このサイトをはてなブックマークに登録 このサイトをlivedoorクリップに登録

白内障

白内障
白内障が目の病気ということは理解していても、詳しくはわからないという人も多いのではないでしょうか。
ここでは白内障の原因や症状、治療法などについて説明します。

白内障とその原因

白内障とは水晶体が濁ってしまい、ものがぼやけて見えたり、
かすんで見えたりするような症状全般のことをいいます。

原因としては先天的なもの、外傷性のもの、他の病気から派生したものなどが
あり、胎内感染でも発症しますが、
最も多いのは若い時は透明で柔軟な水晶体がが、年齢とともに硬く、
厚みを増し、混濁して起こる加齢性白内障です。

症状が現れるのはだいたい45歳以上の中高年になってからで、
80歳以上の高齢者になるとほとんどの人が何らかの白内障に
かかっているとされています。
視力矯正用メガネ

白内障の症状

白内障は発生の原因によって症状の現われ方と進行の速度が異なります。
加齢による場合、視野の周辺部から発生して中心に向かって
進行していくことが多く、その部分で光が散乱するようになるので、
明るいところでものが見えづらくなったり、まぶしく感じたりするようになります。

他の病気から派生した場合、視野の中央から白濁が始まることが多く、
進行も早いため早期の手術が必要になります。
視力矯正用メガネ
白内障の診断
白内障の診断には機能の評価と形態の評価の両方が必要です。
視機能評価では目の機能に関する検査を行い、形態評価は目の混濁の有無、程度を観察します。
こうした検査結果を総合的に判断し、視力障害の原因が白内障によるものであるのかどうかや、
他の眼の病気の有無などを判定します。
白内障の治療方法
白内障の治療には薬物治療と手術治療があります。 薬物治療では点眼薬を使うのが通常です。
しかし点眼薬は病状の進行を遅らせることはできても、すでに生じている混濁を解消する効果はなく、
水晶体の濁った部分を取り除くには手術をするしかありません。
手術では混濁した水晶体を摘出し、代わりに人工レンズを挿入します。
コンタクトレンズCM情報
洗浄液ランキング
コンタクトの歴史
コンタクトの買い方
コンタクトの処方箋
コンタクト定期検査
コンタクトの洗浄液
コンタクトの選び方
コンタクトCM情報
目薬について
視力低下のメカニズム
視力回復マニア
白内障
緑内障
結膜炎
老眼用コンタクト
コンタクトメーカー紹介
視覚業界リンク集
コンタクトQ&A
用語集 用語集