ブックマークはこちら このサイトをお気に入りに登録 このサイトをお気に入りに登録 このサイトをYahoo!ブックマークに登録 このサイトをはてなブックマークに登録 このサイトをlivedoorクリップに登録

視力回復マニア

視力回復マニア
悪くなった視力は眼鏡やコンタクトで矯正するしかないと思われていましたが、現在は回復を目指す様々な方法があります。
現在人気の視力回復手術や、お手軽にできる回復術について紹介します。

視力回復トレーニング

視力矯正用メガネ
レンズ部分が黒いプラスチックでできていて、
そこに小さな穴がいくつも開いているメガネで、
この穴を通して見ることで自然とピントがあい、遠くが見やすくなります。
視力矯正用メガネ
眼球トレーニング
まず黒目を上下に10往復、次に左右に10往復動かし、
最後に回転運動させ、目の周囲の筋肉を動かすことで
目の運動不足を解消し、近くばかりを見て衰えてしまった
目の回りの筋肉を鍛え、柔軟性を高めようとします。
眼球トレーニング

視力回復サプリメント

50年にわたる研究の中で発見された目によいサプリメントには、
共通してアントシアニンという成分が入っています。
網膜に存在する紫色色素体は、明るい場所で破壊される性質を持っていますが、アントシアニンはこれを防止し、暗闇への順応力を促進します。
視力回復サプリメント
オルソケラトロジー
オルソケラトロジーとは、角膜の形を変えることで屈折力を正視の状態に戻すという近視矯正方法です。
寝るときに特殊なレンズを入れ、寝ている間に角膜を圧迫し、起きるまでにその形を整え視力を回復させます。

最初はすぐに元の形に戻ってしまいますが、毎晩続けることで次第に角膜の形をしっかり固定し、
視力を回復することができます。 角膜はその性質上若い人ほど柔らかいため、小さなお子さんに特におすすめの方法です。
近視手術レーシック
レーシックとは、医療用レーザーを使用した視力矯正技術のことで、レーザー装置で
目の角膜を削ることによって角膜の歪みを矯正し、裸眼での視力を回復させる手術の総称です。
レーシック
もっとも一般的な屈折矯正手術で、角膜の表面を切りはがしてレーザー照射し、ゆがみを矯正します。
神経を削らないため痛みが少なく、早期の視力向上が可能です。
ウェーブフロントレーシック
患者それぞれの目に応じて個別にレーザーの照射法方を変えるため、高い制度を有し、不正乱視の人などに向いています。
エピレーシック
エピケラトームという道具を使って角膜にフラップを作る角膜矯正手術です。
角膜の表面への手術であるため、角膜の薄い人でも手術を受けることができます。
イントラレーシック
エキシマレーザーよりさらに高性能のレーザーを使用してフラップをつくる方法で、
安全性と手術の精度が高く、現在人気の高まってきている視力回復手術です。
PRK(ピーアールケー)
レーシック以前から行われていた方法であり、フラップを作成せずに表面からレーザーを照射する方法です。
レーシックのメリットとデメリット
レーシックのメリット
手術中の痛みがほとんどなく、また短時間で終わり、手術後すぐに視力が回復します。
レーシックのデメリット
ドライアイなどの合併所の恐れがあり、一旦手術を受けると元に戻すことができません。
コンタクトレンズCM情報
洗浄液ランキング
コンタクトの歴史
コンタクトの買い方
コンタクトの処方箋
コンタクト定期検査
コンタクトの洗浄液
コンタクトの選び方
コンタクトCM情報
目薬について
視力低下のメカニズム
視力回復マニア
白内障
緑内障
結膜炎
老眼用コンタクト
コンタクトメーカー紹介
視覚業界リンク集
コンタクトQ&A
用語集 用語集