ブックマークはこちら このサイトをお気に入りに登録 このサイトをお気に入りに登録 このサイトをYahoo!ブックマークに登録 このサイトをはてなブックマークに登録 このサイトをlivedoorクリップに登録

コンタクトレンズの買い方

コンタクトレンズの買い方
様々な理由で、メガネからコンタクトレンズに変えたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
ここではお店やインターネットからのコンタクトレンズの購入の仕方を紹介します。

コンタクトレンズ購入前の注意

現在、コンタクトレンズは眼科やコンタクトレンズショップ、インターネットなどで購入できますが、
瞳の形状や目の健康状態というのは個人差があるため、眼科医の検査と処方は不可欠です。
安全に正しく視力を矯正するためにも、必ず定期的処方を受けるようにしましょう。
コンタクトレンズ購入の手順
最初に眼科で処方を受けるまでです。
  • 問診
  • 問診
    体の健康状態や目の状態、目の病気の有無、そのほか生活環境、スポーツなど、
    コンタクトレンズの使用に適しているかどうか、またどのレンズが適しているかなど
    基本的なチェックを行ないます。
  • 視力検査
  • 視力検査
    専用の機器を使用し、角膜(黒目の部分)から眼球の前半分(虹彩、水晶体)を検査し、目の状態を細かくチェックします。
  • スリットランプ(細隙灯:さいげきとう)検査
  • スリットランプ(細隙灯:さいげきとう)検査
    細い光のスリットで角膜(黒目の部分)から眼球の前半分(虹彩、水晶体)を
    検査する生体顕微鏡を使用した検査で、目の状態を細かくチェックします。
  • 角膜曲率測定(角膜形状検査)
  • 角膜曲率測定(角膜形状検査)
    角膜の形状(カーブ)を測定します。角膜の表面にゆがみがないかを調べ、
    目に合ったコンタクトレンズを選ぶためのデータを確認します。
  • 涙液検査
  • 涙液検査
    涙の量と質を検査します。涙の量と質は、コンタクトレンズの装用と関係しています。
  • フィッティング検査
  • フィッティング検査
    実際にコンタクトレンズを目に着けて、視力やレンズの動き、異物感がないかなどを確認します。
    そして診断の結果と使う人自身の意見を考慮した上で、眼科医が最終的な決定をします。
コンタクトレンズの購入
検査を終え、特に異常がなければコンタクトレンズを購入して、取扱い方法についての説明を受けます。
お店での購入方法
眼科で継続的に購入することもできますが、通常は眼科で検査を受けて処方箋を受け取り、
購入は隣接するお店というケースが一般的です。 レンズだけでなくケア用品も多品種そろっているか、
詳しくケアの仕方を説明してもらえるかなど、様々な点に注意し、信頼できるお店を選ぶようにしましょう。
インターネットでの購入方法
まずコンタクトレンズの販売サイトを探します。 サイト内で購入するレンズも決めたら、レンズデータ、購入数、
配送先住所や氏名、メールアドレスなど必要なデータを入力します。

商品購入手続きが終わると、指定したメールアドレスに確認のメールが届きます。
内容が間違い無いことを確認し、決められた支払方法で支払いを済ませましょう。
コンタクトレンズCM情報
洗浄液ランキング
コンタクトの歴史
コンタクトの買い方
コンタクトの処方箋
コンタクト定期検査
コンタクトの洗浄液
コンタクトの選び方
コンタクトCM情報
目薬について
視力低下のメカニズム
視力回復マニア
白内障
緑内障
結膜炎
老眼用コンタクト
コンタクトメーカー紹介
視覚業界リンク集
コンタクトQ&A
用語集 用語集