ブックマークはこちら このサイトをお気に入りに登録 このサイトをお気に入りに登録 このサイトをYahoo!ブックマークに登録 このサイトをはてなブックマークに登録 このサイトをlivedoorクリップに登録

老眼用コンタクトについて

老眼用コンタクトについて
水晶体が年齢とともに固くなり、また、その周囲にあって水晶体のはたらきを
助ける毛様体が衰えたりすると、近い距離にピントを合わせられなくなります。
これが老眼です。

老眼は通常40代くらいから始まりますが、早い人は30代の後半には
その兆候が現れだしてしまいます。

近視の人は老眼にならないといわれていますが、
老眼は一種の生理現象であるためそのようなことはなく、
単に近視の場合自覚症状が現れるのが遅いだけなのです。
老眼用コンタクトについて
ボシュロムより老眼用のコンタクトレンズが発売されました。
それは目のピントをあわせるメカニズムを研究して生まれた次世代型のコンタクトレンズで、
近視のみならず遠視にも対応してます。 遠視と近視という、相反する症状の両方になぜ対応できるのか。

これは、ボシュロムが遠く用の度数から手元用の度数へと自然に変化する、「マルチフォーカル構造」を採用し、
手元から遠くまで瞬時にピントをあわせることを可能にしたためです。
この構造により脳が混乱することなく見たいものだけを認識し、逆に見たくないものは無意識に消してくれるので、
瞬時にピントがあう、自然な見え方を実現しています。
コンタクトレンズCM情報
洗浄液ランキング
コンタクトの歴史
コンタクトの買い方
コンタクトの処方箋
コンタクト定期検査
コンタクトの洗浄液
コンタクトの選び方
コンタクトCM情報
目薬について
視力低下のメカニズム
視力回復マニア
白内障
緑内障
結膜炎
老眼用コンタクト
コンタクトメーカー紹介
視覚業界リンク集
コンタクトQ&A
用語集 用語集