ブックマークはこちら このサイトをお気に入りに登録 このサイトをお気に入りに登録 このサイトをYahoo!ブックマークに登録 このサイトをはてなブックマークに登録 このサイトをlivedoorクリップに登録

視力低下のメカニズム

視力低下のメカニズム
視覚に異常が生じると、近視や遠視、乱視などの症状が起こります。
また年齢を重ねることで老眼(老視)という現象も起こります。
これらはなぜ、どのように起こるのか。視力の低下など目が悪くなるメカニズムについて説明します。

物が見えるメカニズム

目というのはよくカメラに喩えられます。 まず目に入ってきた光は、カメラでいうところのレンズに相当する角膜で屈折され、
虹彩でその量を調整されます。 そして、水晶体とその周囲にある毛様体という筋肉の収縮によってピントを合わせます。
これらの動きによって、見たものが網膜に像として映し出され、映し出された像は視神経を通って脳に届きます。
焦点が網膜上にしっかりあうことを正視といい、視力が悪くなるというのは、
網膜に映される像の焦点があわない状態をいいます。
コンタクトレンズCM情報
洗浄液ランキング
コンタクトの歴史
コンタクトの買い方
コンタクトの処方箋
コンタクト定期検査
コンタクトの洗浄液
コンタクトの選び方
コンタクトCM情報
目薬について
視力低下のメカニズム
視力回復マニア
白内障
緑内障
結膜炎
老眼用コンタクト
コンタクトメーカー紹介
視覚業界リンク集
コンタクトQ&A
用語集 用語集